赤ちゃんのお肌にも保湿が必要だった!赤ちゃんの乾燥肌を防ぐシュガースクラブ

赤ちゃんのためのシュガースクラブ

シュガースクラブは、乳幼児のスキンケアにも有効です。

 

乳幼児のお肌は、角質層が薄くて皮膚が非常に傷つきやすい状態です。

赤ちゃんは汗をいっぱいかくし、皮膚も汚れやすいので、赤ちゃん用のベビー石鹸やシャンプーを使って清潔にしてあげるのですが、皮脂量の分泌が少ないので乾燥しやすくなってしまうのです。

 

一般的に、生後2か月を過ぎると皮脂量が少なくなるので、清潔にしてあげるのと同時に、保湿のケアも必要になります。
皮脂量が少ない乳幼児のお肌は乾燥しやすので、バリア機能が弱くなっていてダニや雑菌が侵入しやすくなっていて、アレルギーや感染症にかかりやすくなってしまいます。

実際にシュガースクラブを乳幼児に使ってみても、保湿効果があることはわかっています。また、シュガースクラブを毎日使うことにより、

  1. 汗もがでなくなった
  2. 虫刺されによる傷がすぐに治った
  3. お尻をかくことがなくなあった
  4. 下痢をしてもお尻がただれなかった

などの効果があることが研究結果が報告されています。

 

お砂糖によるスキンケアは、お肌のかゆみや痛みを減少させる効果がありますが、既にお肌のトラブル(カサカサした肌、掻き傷、アトピー性皮膚炎、臀部のただれ)が出ている状態でも、シュガースクラブを使うことによって、症状が改善し、お肌がしっとりとしてきます。
注意:既に、医者にかかっていてぬり薬などを処方されている場合は、併用できるかどうか医者に相談してください。

 

赤ちゃんにも効果があるシュガースクラブはこちら!