お砂糖の本当の役割?

いつから日本にお砂糖があるかと言うと、奈良時代くらいからと言われていて中国から薬として伝わってきたものということです。そもそもお砂糖には痛みをやらげたり、かゆみをおさえる効果があることから、昔から傷の治療に患部に直接お砂糖を塗ったりしていたそうです。みなさんはご存知でしたか?私は知りませんでした!
現在の医療現場でも白砂糖が主成分のお薬が使われているそうで、このことから傷の治癒を促進させるとしてお砂糖は治療薬として効果があることは確かです。

⇒にきびやアトピーの改善にも効果があるシュガースクラブはこちら

 

 

砂糖 VS 塩 〜お砂糖のお肌への効果って?

次はシュガースクラブのお肌への効果って何かを確認しておきたいと思います。

 

ところで、お家にある身近なものを使ったスクラブと言うと「塩」が思い浮かびますが、シュガースクラブとソルトスクラブの違ってなんでしょうか?

 

塩 

水分にとけにくいのでお肌への刺激が強い = お肌を引き締める


砂糖 
水分に溶けやすいのでお肌への刺激が少ない = お肌をふんわりとやわらかく、しっとりさせる

 

ソルトスクラブは黒ズミや古い角質の除去、肌をキュキュッと引き締める効果があり、シュガースクラブは、お肌の潤いを保持してふんわりさせる効果があります。

 

砂糖の高い浸透力(お肌に自然に溶け込みなじんでいく力)高い吸水・保湿力(お肌のうるおいを取り込んで外に逃がさない力)により、肌は水分をぐんぐん引き寄せるようになり、いつもしっとりなめらかなお肌なります。

 

シュガースクラブによって浸透力が高まったお肌は、化粧水や美容液、保湿クリームといったいつもの保湿アイテムの浸透がグーンとよくなってきます。お化粧のノリが悪い、といった悩みや化粧崩れが気になる方には、お化粧のベース作りができるので良い変化が実感できるのでご期待ください!!!

 

保湿力が高まったお肌はキメが細かくなり柔らかくなります。角栓が取れやすくなり、毛穴が目立たなくなります。お肌の調子が整ってくると、毛穴のひらきも目立たなくなり、顔の角質ケアも簡単になってきます。開いた毛穴も気にならなくなるのでうれしいですね!

 

シュガースクラブには傷の治癒力があることをお話しましたが、皮膚のバリア機能を強化することから、にきびの予防やにきびの原因でもあり顔ダニの駆除にも効果があることがわかっています。

 

⇒いつもの化粧水がお肌にゴクゴク吸い込む超保湿ケアはこちら